© 2019 Phrase

コーヒーの日に フレーズで一夜限りの「松本珈琲店」が開店!

2015/10/01

photo by Yoshitaka Matsumoto 

 

 

予てから告知していた珈琲イベントが

10月1日の“コーヒーの日”に開催されました。

 

普段からフレーズがお世話になっているカメラマンさんで、

学生時代から珈琲研究会に所属するほど珈琲好きの松本祥孝さんをはじめ、

料理家の荒木典子さん、お菓子研究家のムラヨシマサユキさんが集結し、

一夜限りの「松本珈琲店」を開店!

 

店主・松本さんの珈琲を中心に

荒木さんが料理、ムラヨシさんがスイーツを担当し、

珈琲・料理・スイーツの見事なマリアージュが披露されました!

 

告知直後にあっという間に定員に達してしまった今回のイベント。

この日は台風の影響で雨風が心配でしたが、

松本さんたちのおもてなしを楽しみに、

40名を超すゲストのみなさんが来場(!)。

 

まずはたくさんのゲストたちの目の前で、店主・松本さんによる

家庭でもできる焙煎の仕方や、

実際に焙煎したての珈琲豆を使った飲み比べを行っていただきました。

 

珈琲豆に関する解説や、浅煎り、深煎りの違いを知って頂いたあとは、

荒木さんのお弁当☆

月をイメージしたわっぱに詰められたいろどり豊かなお弁当を満喫いただき、

それからエチオピア、ブラジル、インドネシアの、3種の珈琲を準備。

それぞれの珈琲の風味に合わせたデザートをムラヨシさんに披露いただきました。

 

最後にはコーヒーリキュールもふるまわれ、

ゲストのみなさんは、珈琲の奥深さから味そのものまでをたっぷり堪能。

 

なんと珈琲豆3種のお土産も準備され、

帰り際にお土産を手にしたゲストのみなさんは、

本当に嬉しそうな表情で帰っていかれました。

 

珈琲って本当にみなさん大好きですよね。

美味しければなおさら!

また珈琲を楽しむイベントを企画したいと考えていますので、お楽しみに!!

 

photo by Nana Ishikawa 

 

 

気になる珈琲3種はこちら↓

〇エチオピア/イルガチェフェ G1 コンガ ウォシュド 

※紅茶にも似た華やかな香りをもつ

〇ブラジル/トミオフクダ ブルボン ナチュラル 

※フルーティで力強く、バランスの良いプレミアムコーヒー

〇インドネシア/アチェ ケガラン 

※クリーンかつ深みのある味わいの、スペシャリティコーヒー

 

 

 

松本さんのデモンストレーションで沸く雰囲気をそのままに、イベントの中盤では、

“お腹の虫”を養う“むしやしない”ということで、

料理家・荒木典子さんによる、

食後の珈琲を楽しんで頂くための、和食のお弁当のおもてなし。

 

まん丸のお月様のようなわっぱのお弁当箱の中に、

秋がいっぱい詰まったごちそうが12品も!

中には珈琲豆を使ったおかずも☆

 

しっかりとした味付けのお菜も所々にあり、

次の珈琲を楽しんでいただこうと考案された荒木さん流のマリアージュに

ゲストの皆さんも感激していました!

 

気になるお弁当の内容はこちら↓

l  鯖の竜田揚げ

l  椎茸の海老真薯揚げ

l  里芋の珈琲肉味噌がけ

l  出汁巻き卵

l  菊花のお酢の物

l  茄子のお浸し

l  山芋豆腐

l  法蓮草の珈琲入り胡麻和え

l  獅子唐辛子の
鱈子豆腐クリーム

l  酢蓮根

l  薩摩芋の甘煮

l  御飯、奈良漬け

 

<荒木典子さんプロフィール>

 

荒木典子(あらき のりこ) 

京都育ちの料理研究家。調理師学校で基礎を学んだ後、東京の出版社で料理編集者を経て料理の道へ。自宅でアットホームな料理教室を主宰。著書に『まいにちの和食』など。

http://arakinoriko.com/

 

 

 

荒木さんの秋を感じさせるお弁当で

会場がほころんできたところで、いよいよ終盤の、

珈琲とスイーツのマリアージュ!

 

ムラヨシマサユキさんが考案されたのは、

3種のそれぞれの珈琲に合うスイーツ。

 

華やかな香りのエチオピアの豆には

珈琲の香りと並走するような、香り豊かな

「バニラムースとイチジクのシェリーコンポート」、

 

キリっとした苦味が特徴のブラジルの豆には

正反対の風味を楽しめる「栗とカシスのシナモンロール」、

 

コクの深さが印象的なインドネシアの豆には

チョコレートの濃厚さが楽しい「デリスショコラ」

 

を組み合わせていただきました。

どのスイーツも手の込んだもので、ひとつひとつに感動しながら堪能していました。

 

 

珈琲がさまざまな形で「マリアージュ」され、

そのバリエーションの豊かさと、3人の力のこもった内容に

ゲストの皆さん、圧倒された様子でした!

 

最後に挨拶を店主・松本さんからいただき、

大好評のうちに一夜限りの松本珈琲店は幕を閉じました。

 

 

イベント終了直後から

「次回もやって!」

「お土産もあっておトクだった!」

と好評でしたので、また違った内容で珈琲イベントを開催できたらなぁ、と思う今日この頃。

次回もお楽しみに!

 <ムラヨシマサユキさんプロフィール>

 

ムラヨシマサユキ 

パン&菓子研究家。製菓学校卒業後、パティスリー、カフェ、レストラン勤務を経て独立。自宅でパンとお菓子の教室を主宰。著書『ホーローバットで作るとびきりスイーツ』など。https://www.instagram.com/m.murayoshi/?hl=ja

Please reload