© 2019 Phrase

体にやさしい中華「魯采」のランチ会を開催!

2015/11/27

中国山東地方の伝統料理「魯采」。

良質な油・調味料のみを使い、薬膳的要素をごく自然の料理の中に取り入れた中華。

脂っこくもなく、口に残る辛さや濃さもなくさっぱりしていて、

それでいてしっかりと旨みや風味を持っていて…

私たちが持っている中華料理のイメージを覆すような料理です。

 

以前、夜のイベントで「魯采」の美味しさを披露していただいた

料理家の伊藤朗子さんに、

今度はランチ会にお越しいただきました!

 

「鶏手羽とれんこんの黒酢煮」はボリュームがあり、しっかりとお腹を満たしてくれ、

「きのこのスープ」はシンプルな味付けで、

たくさんのきのこのうまみがギュッと詰まっていて、

 

“いくらでも飲めそう!”

というコメントもありました(笑)。

 

「魯采」を食べることができる場所は日本ではあまりなく、

発祥の地・中国でも、進化・発展する過程で、本来の「魯采」を

食べられるところが少なくなっているんだそう。

 

 

 

今回のランチ会で、このやさしい味を継承しようとする

伊藤さんの料理に対する「哲学」を伺うことができました。

 

あとを引くというか、いくらでも食べられそうというか、

また明日も食べたくなる中華、みんなをそう感じさせてくれる料理でした!

 

 

気になるメニューはこちら↓

・鶏手羽とれんこんの黒酢煮

・蒸し豆腐のほたてあんかけ

・大根と糸寒天のサラダ

・白菜の干し海老炒め

・キャベツの甘酢漬け

・きのこのスープ

・杏仁豆腐 白キクラゲのいちじくシロップ添

<伊藤朗子さんプロフィール>

 

伊藤朗子(いとう あきこ) 

料理家/中国山東省認定二級厨師/野菜ソムリエ/i's kitchen主催

山口県下関市生まれ。料理本の編集に携わる傍ら、四谷「済南賓館」で中国伝統料理を、「野口日出子料理教室」で魚を中心とした日本料理を学ぶ。料理研究家のアシスタントを経て2010年独立。現在は料理雑誌へのレシピ提案、料理教室、イベントの開催、ケータリングなどの活動をしている。

http://iskitchen.cocolog-nifty.com/

 

 

Please reload