© 2019 Phrase

エキゾチックなおいしさ!ペルシャ料理ランチ会

2019/12/11

2019年最後のランチ会はナカタマリアさんのペルシャ料理!

テヘランで生まれ、お婆さまからお母さんまに伝えられたペルシャの家庭料理をベースに、国籍にとらわれないボーダレスなお料理を提案しているナカタさん。

 

まずはフムス3種を香ばしく焼いたパパドゥと一緒に。それぞれ彩りも味もいろいろで3種あっても食べ飽きないおいしさ! フルーツサラダは柿と生の玉ねぎの相性も抜群でさわやか。イランでは生の玉ねぎをすごく食べるそうですが、しっかりさらしてあってとても食べやすかったー。

そしてなんとお肉は2種!どーんと塊で豚のグリルが登場!!

それをダイナミックにカットして、バスマティライスの上に。そして食べるときには、お鍋いっぱいの野菜ソースをたっぷりとかけて。これだけでもすごいボリュームなのですが、さらにラム肉のグリルが!合わせるパクチーソースがまた絶品。

大満足、、と思っていたところにデザートの大人のチーズケーキ。

こちらはフェタチーズを加えていてさわやかで甘さ控えめ。そこに岩塩をぱらり。

これがまたおいしい~! お酒も大好きというナカタさん。お酒に合うチーズケーキをと考案したものだそう。

ゲストのみなさん、ランチ会なのでワインが出なくてごめんなさーい!(笑)

「ペルシャ料理って、どんなお料理なんだろう?」とドキドキしていましたが

見た目のインパクトも、スパイスやハーブ使いもエキゾチックなのに、やさしく日本人にもとても食べやすい、ナカタさんの人柄の出たお料理でした。

ナカタさん、ごちそうさまでした!

 

Photo by Takeshi Fukuhara

 

 

気になるメニューはこちら↓

○ベーシックフムス

○ビーツフムス

○ネパールピーナッツバターフムス

○フルーツサラダ

○ラム肉のスパイスグリル パクチーソース

○トロトロ豚のグリル&お豆の野菜ソース

○サフランとレーズンのバスマティライス

○大人チーズケーキ

 

ナカタさんはケータリングもされています!

ご興味ある方、是非ホームページからチェックしてみてください♪

 

Photo by Takeshi Fukuhara

 

〈ナカタマリアさんプロフィール〉

ペルシャ料理家。1974年、テヘラン生まれ長崎育ち。

親しい友人たちと食卓を囲む中、2015年より「Repas de Maria」を立ち上げ、ペルシャ(中東)料理家として活動開始。イランに嫁いだ母が祖母から受け継いだ、ペルシャの家庭料理&西アジアをミックスした味をベースに、ケータリング、料理教室、レシピ開発をスタート。お豆、野菜、スパイスやハーブを取り入れた、体に優しい料理を提案。

https://repasdemaria.com

Please reload